事業の運営パターンというものについて考えてみれば・・・

事業運営は大きく二つのパターンに分けられる

事業のやり方としては、店舗を構えるなどして自ら経営を行うというものと、請負業としてアウトソーシングの引き受けを行う、という大きく分けてこの二つのパターンがあると言えるでしょう。アウトソーシングの引き受けは代行業とも言えるものなので、様々な種類のフランチャイズの加盟店というのも、店舗の経営ではあっても自らの名で行うものではなく、あくまでもフランチャイズ・チェーンのブランド名で行う店舗経営であるために、自前の店舗経営とは性格が異なるわけです。

自ら事業を運営するパターンというのは・・・

自ら経営を行うという場合には、不動産を取得するなり賃貸するなりして、実際に店舗を構えるという場合のみではなく、店舗のいらないネットショップを運営する場合も含まれるわけですが、いずれの場合にせよ、何らかの事業を自ら興すことになるわけです。また、フランチャイズ・チェーンの運営のように、アウトソーシング方式による事業展開というものもあるわけで、こうした事業運営である場合には、チェーン店運営のノウハウを確立して加盟店の運営指導を行い、実際の業務運営を行う加盟店の統合管理を行う、という親会社としての事業運営を行うことになります。

請負いによる事業運営というものには・・・

これに対して、請負業である場合には特化した能力を有している人や集団が、その特化能力を売り物にしてその分野の専門的な仕事を請負うことで、事業を運営して行くというものがあります。コンピュータ・ソフトの受託開発業などは、こうしたアウトソーシングを引き受けるビジネスの代表的なものと言えるでしょう。また、フランチャイズ・チェーンの加盟店としての店舗経営のように、他者の名前による店舗運営という代行業であるものも、このカテゴリーに含まれるものとなります。

フランチャイズとは、一方が自己の商品や営業ノウハウを使用する権利を与え、もう一方がその権利の提供に対して対価を支払うという、契約の一形態のことを指します。