仕事をすることで成長できる!それはコミュニケーション力

相手が何を必要としているかがわかる

仕事をすることは、お金を稼ぐため、仕事のスキルを上げたり専門性を高めるため、などの理由があるかと思いますが、どんな仕事をしていても成長できることは何でしょうか。それは、コミュニケーション能力です。仕事をしているとお客様相手だったり、上司、同僚、協力関係にある会社の人であったり色々な立場の人とコミュニケーションをとりながら進めていくことが多いですよね。相手が自分に何をしてもらいたいのかを理解する能力が自然に身につくはずですよ。

自分の意見を遠慮なく言ってしまいがちな人は

周りもこれはおかしい、と思っていてもなかなか言い出せないことを、恐れずに自分の意見として言える人がいますよね。でもそんな人でも心の中は怒りであったりストレスが溜まっていることで、つい喧嘩口調になったり、感情的になってしまうのではないでしょうか。仕事を長く続けていると、怒りを抑えて相手とコミュニケーションをとることができるようになりますよ。最初は難しいかもしれませんが、経験を積んでいくと問題の相手に冷静におかしいことはおかしいと伝えることができ、問題解決ができるようになります。

自分の意見が言えず遠慮してしまいがちな人は

会社には色々な性格の人がいますよね。中にはいつも遠慮がちで、自分が考えていることや不満を勇気がないので言えない、という人も案外多いのではないでしょうか。黙っていれば波風は立たないのでしょうが、長年仕事をしていく中ではそれでは済まされない時がくるかもしれません。仕事中のコミュニケーションの機会を自分の成長のための絶好の機会と捉えてみてはいかがでしょうか。毎日少しずつ勇気を出して、自分の意見を伝えていくようにすると良いですよ。

ワークフローとは、データや文書等の情報が、事業所内の各業務プロセスに迅速にかつ正確に受け渡しされることを目的として、アローダイヤグラム等を用いて、業務の一連の流れを示すことを言います。