意外と知らない!?代理店やフランチャイズの仕組みとは

代理店とフランチャイズは別物

最近良く聞く言葉の中に、代理店とフランチャイズと呼ばれるものがあります。この2つの意味をなんとなく知っていても、具体的にどう違うかについて知っている人は多くなく、そのため自身が事業の立ち上げを行う際に問題となることがあります。そのためそれぞれの仕組みをしっかり知っておくことが必要です。代理店は特定の商品やサービスを取り扱うことを契約し、それに伴う方法などは特に指示されることがない場合が多いです。一方フランチャイズの場合、商品だけでなくノウハウや販売方法なども指定される分、様々なサポートなどが受けやすいこともあります。

代理店のメリット及びデメリット

代理店の場合、商品やサービスの販売契約を行うため、複数の会社と契約を行い、様々な商品やサービスの販売を行うことが可能です。また契約元との契約内容にもよりますが、別途オフィスや店舗を用意する必要が無いことが多く、自宅などを利用して商品の販売やサービスの提供を行うことも可能です。一方デメリットとして、販売方法などが指定されることは少なく、全て独自で判断し行わなければならないことがあります。同時に契約元からのサポートなどが受けられることも少なく、マニュアル化するにも多大な労力が必要な点などが挙げられます。

フランチャイズのメリット及びデメリット

一方フランチャイズのメリットとして挙げられるのが、なんといっても親会社の知名度をそのまま利用でいる点にあります。取り扱っている商品やサービスなども同じなため、本部が作成したマニュアルや実績などをそのまま引き継いで利用できるのは大きなメリットです。一方デメリットとして挙げられるのが自由度の低さで、基本的には本部の指示通り商品の販売やサービスの提供を行うことになります。またロイヤリティの負担や中途の契約解除による違約金などもあるため、しっかり比較検討し、代理店とフランチャイズのどちらかを選ぶことが重要です。

代理店の募集へ応募する際には、説明会への参加や資料請求などを通して事前に情報を取集しておくことが重要です。